研課題
J-GLOBAL ID:202104019119189699  研究課題コード:1150306

未来社会に必要な革新的水素液化技術

実施機関 (2件):
運営統括: ( ) ,  ( )
研究概要:
省エネ・低炭素化社会が進む未来水素社会の実現のためには、気体水素の1/800の体積であり、大量輸送、大量供給、大量貯蔵、省スペース、超高純度の特徴を持つ液体水素の活用が不可欠であるが、現状の圧縮機による水素液化技術には、製造時の液化効率の低さや蒸発による損失などの問題がある。高効率・低コスト・小型長寿命な革新的水素液化技術の開発により水素の大量利用が可能となり、水素発電、余剰電力の貯蔵、輸送手段などの水素利用の拡大に貢献すると期待される。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
従属研究課題 (1件):

前のページに戻る