研課題
J-GLOBAL ID:202104019301327266  研究課題コード:20343685

量子論基礎にかかる高次元バナッハ空間の幾何学的研究

体系的課題番号:JPMJAX200J
実施期間:2020 - 2022
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院理学研究科 )
研究概要:
量子論の基礎研究の方法の一つとして“漸近的幾何解析”(AGA) を用いる方法があります。AGA とは、高次元空間内の凸体の幾何的性質を調べる分野です。特に、近年では凸体よりも広いクラスである対数凹な確率測度が重要な研究対象です。本研究では、最適輸送理論と情報理論の導入により、対数凹な確率測度の幾何的側面を発展させることを目指します。これは将来的に量子論の基礎研究に応用されることが期待されます。
研究制度:
上位研究課題: 数理・情報のフロンティア
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る