研課題
J-GLOBAL ID:202104019301725199  研究課題コード:09000074

高機能微生物群集と根圏浄化能強化水生植物を用いた水環境汚染の修復

実施期間:2008 - 2011
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 医学工学総合研究部, 准教授 )
研究概要:
本研究は、河川や湖沼における高度な富栄養化状態や難分解性有機物による汚染が問題になっている水資源・水環境問題を解決すべく、低コスト環境低負荷型水環境浄化技術の開発を目的としている。具体的には、研究対象を自然浄化作用による除去が困難な難分解性有機物で富栄養化の主要因であるリンの除去とする。リンのような難分解性を含む有機物や栄養塩による水系汚染は、(1)工場廃水および農業・生活排水からの直接的な流入と、(2)底泥からの水系への放出、の2つの流入経路が考えられ、汚染水域の浄化には両者に対応した浄化技術の開発が必要となる。日本の研究者チームが水生植物ならびに植物根圏微生物を活用した(1)に対応する有機物・栄養塩除去技術の開発を、中国の研究者チームが環境修復微生物製剤および水生植物を用いた(2)に対応する有機物・栄養塩除去技術を開発する。その後、日中両チームがそれぞれ得た成果を融合し、(1)と(2)の両方に対応した新規有機物汚染・富栄養化水域浄化技術の開発を行う。
研究制度:
上位研究課題: 環境保全及び環境低負荷型社会の構築のための科学技術
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る