研課題
J-GLOBAL ID:202104019340193897  研究課題コード:10102562

膵癌特異的に発現する修飾抗原をターゲットとした新規抗体療法の開発

実施期間:2010 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院生命科学研究部(医) )
研究概要:
申請者らはGANPTGマウスの作製によりこれまで検出できなかったタンパク質修飾、糖鎖領域などに特異的なモノクローナル抗体を産生することを可能とし、国際的にトップレベルの高親和性抗体産生技術を開発した。本研究開発では、有効な化学療法等が確立していない難治性癌の代表である膵癌に対して新しい分子標的を探索する研究を行った。特に膵癌細胞表面に特異的に発現する修飾抗原を標的にし、新規テクノロジーと膵癌臨床検体によるスクリーニングを組み合わせて膵癌に特異性の高いエピトープを探索し、治療用抗癌抗体の開発を目指した。本研究開発は12ヶ月で行うため、現時点では抗体樹立までに至っていないが、残りの研究期間での成果獲得を目指す。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る