研課題
J-GLOBAL ID:202104019447240324  研究課題コード:20344619

異種染色体添加系統とQTL解析を用いたダイコンの萎黄病抵抗性マーカーの開発

体系的課題番号:JPMJTM20DG
実施期間:2020 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 自然科学系 )
研究概要:
ダイコンには萎黄病抵抗性(YR)と罹病性品種が混在していることから,種苗メーカーでは,罹病性品種からYR品種への転換が必須であり,従来の圃場接種検定に代わる高効率なマーカー利用選抜法の開発が強く望まれている。一方応募者は,これまでにキャベツやコマツナなどのYR遺伝子を世界で初めて同定し,それをもとに,PCRを用いた判定方法を開発し,DNAマーカー選抜によるキャベツなどの育種の迅速化を図る技術を確立した。 そこで本開発研究では,我々が開発した技術を使って,ダイコンのDNAマーカーの開発およびキャベツのYR遺伝子のダイコンへの導入を行い,ダイコンの効率的なマーカー選抜への適用の可能性を検証する。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る