研課題
J-GLOBAL ID:202104019458142359  研究課題コード:11102597

腸管センチネル細胞を標的とした炎症性腸疾患治療法の開発

体系的課題番号:JPMJPR1182
実施期間:2011 - 2014
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 生命科学部, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR1182
研究概要:
腸管では食物や常在細菌と平和的な共存関係が成立しています。しかし、寛容が破綻すると非自己に対して過剰な免疫反応が惹起され炎症性腸疾患が発症すると考えられています。粘膜固有層に存在する複数のマクロファージや樹状細胞の中でも、抗原の侵入を監視し免疫を活性化する「衛兵=センチネル細胞」は、炎症の慢性化に特に重要です。本研究では、センチネル細胞に標的を絞った、腸管特異的免疫制御療法の開発を目指します。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 炎症の慢性化機構の解明と制御
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る