研課題
J-GLOBAL ID:202104019492467518  研究課題コード:16815648

超伝導人工原子を使った光子ベースの量子情報処理

体系的課題番号:JPMJCR1676
実施期間:2016 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 理学部第一部, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR1676
研究概要:
本提案では、超伝導人工原子と線形光学回路のそれぞれの長所を組み合わせ、革新的な量子コンピューティングのアーキテクチャを提示し、その基本動作の研究を進めるものです。この新規な大規模量子情報処理方式では、従来の量子コンピューターでのシステムのインフラストラクチャへの膨大なオーバーヘッドを低減し、回路構成を単純化し、且つ決定論的な量子情報処理を行うことが可能であります。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 量子状態の高度な制御に基づく革新的量子技術基盤の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る