研課題
J-GLOBAL ID:202104019538060787  研究課題コード:7700006485

IgA腎症診断法の開発

実施期間:2006 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院工学研究科, 助教授 )
研究概要:
慢性腎不全に陥る患者の約3割(国内で年間1万人弱)は、IgA腎症が原因とされる。IgA腎症とは血液中の免疫グロブリンA(IgA)に糖鎖不全が生じ、腎糸球体にIgAが沈着し続け腎機能が低下する腎炎と考えられている。IgA腎症の成因は不明で、蛋白尿・血尿以外には自覚症状がないため病気の進行に気づきにくく、診断方法に関しても腎生検以外に無いため、その発見が遅れる場合が多い。治療には主に副腎皮質ステロイド剤が用いられるが、これは発症初期の場合にのみ有効であることから、早期発見のための診断方法の開発が望まれている。本課題では、植物レクチンであるジャカリンを材料活用化し、血液中の糖鎖不全IgAを迅速検出するIgA腎症診断方法を開発する。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る