研課題
J-GLOBAL ID:202104019571993730  研究課題コード:11102107

リアルタイムPCR装置を利用した蛋白質ポリマー化反応測定システムの開発

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 理学(系)研究科(研究院), 准教授 )
研究概要:
アルツハイマー病などの蛋白質がポリマー化して起こる疾患群の研究は世界中で実施されており、蛋白質のポリマー化反応を簡便に測定できるシステムのニーズは極めて高い。本研究では、市販のリアルタイムPCR装置を利用し、少量の蛋白質で迅速にポリマー化反応を測定するシステムを開発した。本システムを利用することにより、わずか0.2mgの病原蛋白質で96通りの測定が同時に実施でき、90分の測定時間で5種類のポリマー化抑止剤を見出すことができた。また、本システムで得られたポリマー化速度は、既存法で得たものと遜色なかった(誤差0.5%以内)。今後は、システム実用化に向けて汎用性を高めるための研究開発を行う。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る