研課題
J-GLOBAL ID:202104019777078116  研究課題コード:12101080

Secタンパク質膜透過装置の次世代構造生物学

体系的課題番号:JPMJPR12L3
実施期間:2012 - 2015
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院理学系研究科, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR12L3
研究概要:
合成されたばかりのタンパク質を輸送するSecタンパク質膜透過装置は生命必須のマシナリーであり、ダイナミックな相互作用変化や構造変化を伴うとされていますが、その分子メカニズムの詳細は不明です。本研究では、このタンパク質膜透過機構を解明すべく、新たな研究手法を取り入れた構造生物学的解析を行います。本研究成果は、生体膜を越えたタンパク質の輸送のみならず薬剤など様々な物質輸送の理解の基盤となります。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: ライフサイエンスの革新を目指した構造生命科学と先端的基盤技術
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る