研課題
J-GLOBAL ID:202104019884064624  研究課題コード:7700006335

細菌膜傷害性抗菌物質の開発

実施期間:2006 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , ながれ領域, 助教授 )
研究概要:
人類と病原菌との闘いの中で化学療法剤の発見は画期的であった。しかし、近年、メシチリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に代表される耐性菌の出現が大きな問題になっている。そこで、本提案では、新規な化学療法剤となりうる抗菌性物質であって薬剤耐性を起こし難いものの開発に挑戦する。代表研究者は、天然抗菌性物質を模倣発展させてナノレベルで細菌膜障害性官能基を集積させるという独創的な基盤技術・コンセプトを完成させ、特許出願した。これを研究シーズとして、有機化学的手法を駆使した細菌膜障害性物質の製造及びその抗菌性・汎用性について医療、衛生および工業目的での実用化を目指した試験研究を行う。その性能・コスト面から実用化の可能性は著しく高いと期待できる。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る