研課題
J-GLOBAL ID:202104019901787597  研究課題コード:07100110

応力発光体を用いた安全管理ネットワークシステムの創出

体系的課題番号:JPMJCR06A2
実施期間:2006 - 2011
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 実環境計測・診断研究ラボ, 主任研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR06A2
研究概要:
力学的エネルギーをダイレクトに光エネルギーに変換し、その微粒子一つ一つがセンサ素子として機能する応力発光体によって、ごく微細な異常を広範囲にわたって検出可能なセンサデバイスを開発します。このデバイスを基に、トンネルなどの構造物に対するリアルタイム応力異常検出・応力履歴記録システムを開発し、システムを結ぶネットワークを経て危険兆候を包括的に早期検知する安全管理システムを創出します。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 先進的統合センシング技術
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る