研課題
J-GLOBAL ID:202104019990278803  研究課題コード:20343775

電磁鋼板の飽和磁束密度領域での鉄損測定法の確立

体系的課題番号:JPMJTM20HL
実施期間:2020 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 電磁力担当 )
研究概要:
エネルギーの有効活用の観点からモータの小型・高効率化は重要な社会ニーズとなっており、電気自動車用モータでは、小型化はエンジンスペースに、高効率化は電費向上に直結する。そのため次世代モータはステータを飽和磁束密度領域(1.6T~2.0T)で使用することが求められており、モータ設計には、この領域での正確な鉄損値が必要不可欠となる。これまで、電磁鋼板の鉄損を発熱量としてサーモグラフィーカメラと独自アルゴリズムから正確に測定する熱的鉄損計測法を開発してきた。本課題では飽和磁束密度領域まで励磁可能な磁気特性測定装置を開発し、熱的鉄損計測法と比較することで、電磁鋼板の飽和磁束密度領域の鉄損測定法を確立する
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る