研課題
J-GLOBAL ID:202104019990652365  研究課題コード:12102173

直管型自励振動ヒートパイプの高性能化

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院工学研究院 機能の創生部門, 教授 )
研究概要:
本申請者が考案した単一の直管からなる自励振動型ヒートパイプは、加熱細管内の蒸発に誘起される液柱の周期的自励振動により、銅の約100倍の実効熱伝導率で、最大約80Wの熱の輸送ができる。本研究課題では、熱抵抗の低減化を図るとともに、さらなる小型化(細径化)について実験的に検討した。その結果、系圧力を0.05MPaまで低下させると熱輸送管長の70%にわたる蒸気プラグの大振幅振動により熱輸送時の熱抵抗を25%低減できることを示した。また試験部内の液流挙動や熱流束の影響を考慮することにより、当初モデルの約1/2まで細径化を可能にし、毛管型ヒートパイプの約2倍の熱輸送速度と実効熱伝導率が達成できることを示した。限界律速要因をさらに詳しく解析することによりさらなる小型化の可能性があることが示唆された。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る