研課題
J-GLOBAL ID:202104020038984034  研究課題コード:11104320

両エナンチオ選択的不斉触媒反応の開発と糖尿病治療薬合成への応用

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 薬学部, 准教授 )
研究概要:
サリドマイド事件をきっかけに、新薬開発において両方の鏡像異性体(エナンチオマー)の生理活性ならびに安全性評価が義務付けられた。しかし、不斉反応では両立体配置の不斉触媒の入手は容易でないため、必要とする両エナンチオマーの作り分けは困難である。本申請課題は有機触媒の構造をほんの少し変えるだけで、医薬品開発には欠かせない、両方のエナンチオマーを作り分ける合成技術を開発する。さらに、本方法論を実証するべく、糖尿病の治療薬として期待されるデオキシノジリマイシン(DNJ)およびそのエナンチオマーをそれぞれ合成し、新規医薬品開発技術を創生する。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る