研課題
J-GLOBAL ID:202104020070595180  研究課題コード:13410468

脳を標的とする酸化還元応答MRI造影剤の開発

実施期間:2013 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 薬学研究院 )
研究概要:
本研究課題では、脳移行性を有する有機MRI造影剤の開発を目的に、造影効果の高感度化、移行性の評価を検討した。造影効果の高感度化のために、1分子内のラジカル化合物を2または目標にした3分子含有する有機スピン化合物の合成に成功した。これらの化合物は、MRIにおいて高い造影効果を示し、そのスピン数に応じたT1緩和度を持つことを確認した。しかしながら、開発した化合物は極めて水に対する溶解性が低く、実験動物への投与が困難であったため、今後、架橋分子での水溶性向上を図り、移行性評価を検討したい。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る