研課題
J-GLOBAL ID:202104020157214360  研究課題コード:7700001329

染色体転座・微細欠失からの疾病遺伝子の単離と解析

体系的課題番号:JPMJCR0003
実施期間:2000 - 2005
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院医学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR0003
研究概要:
単一遺伝子疾患と染色体転座を合わせもつ患者では、転座によって遺伝子断裂が起き遺伝子病が発症すると考えられるため、疾病遺伝子の同定や単離の絶好の材料であると認識されています。一方、染色体の微細な欠失を伴う(と考えられる)患者が多数存在し、そのうち一定の臨床像を伴うものは微細欠失(または隣接遺伝子)症候群と呼ばれ、数個の遺伝子が欠失しているとの共通認識があります。この研究では、このような症例を全国規模でかつ組織的に集積し、転座切断点および微細欠失領域から、多くの疾病遺伝子の単離・同定をめざします。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: ゲノムの構造と機能
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る