研課題
J-GLOBAL ID:202104020188894165  研究課題コード:7700000042

山本量子ゆらぎプロジェクト

体系的課題番号:JPMJER9304
実施期間:1993 - 1998
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , -/基礎研究所, 教授/主席研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJER9304
研究概要:
本プロジェクトでは、量子論のより深い理解と量子状態の人工的な制御を目指した研究を行なってまいりました。量子光学、メゾスコピック物理、操作マイクロスコピーの実験技術を発展させることで、光子・電子・原子の波動関数を量子レベルで制御する新概念の創出と実験による実証を目指しました。 光の量子状態制御としてスクィーズド光を発生するTJS形半導体レーザの開発および、光子を1つずつ発生する単一光子ターンスティル素子と単一光子を90%以上の量子効率で検出できる固体ホトマル素子の開発に成功しました。半導体中の2次元電子ガスを用いて2電子の衝突を実現し、衝突による出力電流雑音の抑圧を観測しました。これにより、電子がフェルミ粒子であることに起因する2電子の量子干渉効果を実験により実証しました。量子井戸微小共振器内のエキシトン・ポラリトンの振動現象を解明すると共に、エキシトン・ポラリトンの誘導放出現象を実証しました。また、単一原子接合を STM 探針で実現し、クーロンブロケード振動を観測しました。
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る