研課題
J-GLOBAL ID:202104020276846960  研究課題コード:09156992

神経変性疾患予防食材の開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 薬学部, 教授 )
研究概要:
神経細胞突起伸展作用を有するフェニルブタノイド二量体を有効成分として含有する食用植物を神経変性疾患予防食材として開発する。神経細胞突起伸展作用を有するフェニルブタノイド二量体を有効成分として含有するショウガ科植物バングレを利用することにより、アルツハイマー病等の神経変性疾患の予防及び/又は治療に有用な飲食品及び植物エキス並びに神経変性疾患の予防及び治療剤を包含する健康食材としての有効性を老化促進モデルマウスで検証する。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る