研課題
J-GLOBAL ID:202104020333386530  研究課題コード:12102306

水中衝撃波を利用したバリ取り加工技術の開発

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 工学部, 准教授 )
研究概要:
爆薬の水中爆発によって発生した高速水流の水撃作用で、主穴(直交穴)内に生じているバリを切除する方法について導爆線を用いた新しい装置を考案、試作した。実験では、主穴内に流入する水流の速度が従来の方法での約460m/sから860m/s 程度に大幅に向上できた。そして、バリ発生面に沿った上から下への水流が止まり穴終端で反対側に沿った下から上向きの流れに反転したことを確認した。また、バリ取り加工実験で止まり穴終端近くのバリも完全に除去することができた。 今後、主穴がもっと細く深い場合に挑戦し、そして、多数個の同時バリ取り作業の実現する装置の開発に取り組んでいきたい。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る