研課題
J-GLOBAL ID:202104020437281446  研究課題コード:19210923

スマートシティにおける水再利用のための組織的意思決定フレームワーク

体系的課題番号:JPMJSC19C4
実施期間:2020 - 2022
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , アカデミック・プログラム・オフィサー )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSC19C4
研究概要:
複数の経済活動における排水の再生について技術的実現可能性、政策的制約、社会受容性および持続可能性(経済的、社会的、環境的)の観点から仮定を立て実証する。また、企業における水の再利用に関する要求と、大学研究の間のギャップを各国で明確にし、水のスマートな活用に関して、潜在的、経済的利点を評価し、その活用に関する障害を明らかにする。 工業用/農業用バリューチェーンにおいて再利用水の利用を促進することで水の総合的な需要を減らし、世界の人口動態の変化や経済状況を反映して、スマートな水の配分を行い環境のレジリエンスを高めるための技術活用プラットフォームを構築する。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 持続可能な社会のためのスマートな水管理
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る