研課題
J-GLOBAL ID:202104020437967330  研究課題コード:10102031

竹伐採チッパー装置の開発

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , その他部局等 )
研究概要:
クローラ付きの自走機能、回転刃物による粉体加工、垂直姿勢のまま竹を保持する機能、及び、竹粉回収機能を備えて、竹林に生えている竹を伐採の後にすぐに粉体に加工する装置である。この開発の目標性能は、1装置が幅70cmの導入路の通過が可能、2装置重量最大150kgとチップ積載重量150kg、3傾斜角度25度まで登坂可能、4チップ作製能力は6本/H、5チップの仮積載は0.4m3の収納部を確保、6制作費用は1,300千円であった。試作機の試運転の結果、上記の目標に対して4のチップ作製能力以外は達成した。課題はチップ作製の途中で竹が割れる問題があるため、今後の対策で一部の構造を変更する必要があることが判った。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る