研課題
J-GLOBAL ID:202104020458567200  研究課題コード:10102128

瞬間的高圧処理によるエマルジョン化とその燃焼性の評価

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 衝撃・極限環境研究センター, その他 )
研究概要:
油中に水粒子を分散させたエマルジョン燃料は、燃焼効率が高まり環境負荷の軽減に効果がある。しかし従来技術では、乳化維持のために界面活性剤の添加や攪拌処理が必要である。分離状態の水と油に対して瞬間的高圧すなわち衝撃波を負荷することで、界面活性剤を用いずに水を細粒化することで安定した乳化状態を作ることができる。本研究課題は、瞬間的高圧処理によって低コストで安定したエマルジョン燃料を製造する技術確立を目指し実施された。衝撃波処理条件と乳化状態との相関データは、軽油中に分散した水粒子の粒度分布が、ほぼ一ヶ月間にわたり安定して変化しない衝撃波圧力、衝撃波処理回数条件を明らかにした。燃焼試験では、CO2以上の温室効果ガスであるN2Oの排出量が大幅に軽減した。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る