研課題
J-GLOBAL ID:202104020507612836  研究課題コード:20335923

バイオロギングのための超小型データロガーの開発

体系的課題番号:JPMJTM20G0
実施期間:2020 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学部, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJTM20G0
研究概要:
バイオロギングのための世界最小データロガーの実現を目指す。バイオロギングは野生動物にデータロガーを取り付け、動物の行動を調査する研究分野である。近年では生物の行動から気象を予測したり、家畜の管理等にも応用されている。本研究開発では超小型データロガーを実現するために、小容量の小型電池を使用可能とし、様々な機能を1チップに集積したカスタムLSIを新規開発する。電池容量を小さくするとデータロガーの稼働時間が短くなるためLSIの低消費電力化も同時に実現する。データロガーを小型化するための回路技術は一般的なIoTデバイスにも応用可能であり、カスタムLSIの開発が成功した場合の波及効果は大きい。
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る