研課題
J-GLOBAL ID:202104020518467382  研究課題コード:18069571

高速量子波面モジュレーション・クライオ電顕

体系的課題番号:JPMJPR18G9
実施期間:2018 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院医学系研究科(医学部), 特任研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18G9
研究概要:
本研究では、高速量子波面モジュレーション技術FASYを開発し、次世代のクライオ電子顕微鏡への道を拓きます。FASYは、これまでの「固定された」電子顕微鏡を、研究者と実験のニーズに適応できるダイナミックかつフレキシブルな光学システムとして再定義します。この技術を応用することで、タンパク質の原子構造を解明し、細胞の機能を研究するためのクライオ電子顕微鏡の性能を大幅に向上させます。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 量子技術を適用した生命科学基盤の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る