研課題
J-GLOBAL ID:202104020640177859  研究課題コード:20351861

メカノオペランド量子ビーム分析に基づくナノスケール学的機械工学の新展開

体系的課題番号:JPMJFR202D
実施期間:2021 - 2027
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院工学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJFR202D
研究概要:
本研究は、機械操作環境を再現する「メカノオペランド機構」を量子ビームラインに組み込み、実作動条件下で分析を行うことによって、実際の機械・機器で生じる様々な動的現象をナノスケール学的に解明することを目標とします。具体的には、「立体成型」、「トライボロジー」、「超精密加工」の3 つの対象場を掲げ、それぞれで生じている動的なミクロ挙動情報を把握し最適化することで機械・機器の劇的な性能向上を目指します
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 井村パネル
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る