研課題
J-GLOBAL ID:202104020647439433  研究課題コード:08069021

ゼラチン繊維の新規架橋方法の開発及びバイオマテリアルへの応用

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 化学生命工学部 化学・物質工学科, 教授 )
研究概要:
本研究はゼラチン繊維の耐水性をコントロールする技術を完成させ、これを不織布や組み紐などに成形加工してバイオマテリアルとしての性能評価を行い、当該分野における実用化を目指すものである。ゼラチンは生体内に入れた場合に抗原性が低く、加えて生体吸収性が格段に早いため安全性が高く生体吸収性材料として極めて優れた性質を有しているが繊維化された実例はない。申請者は環境負荷の低い製造方法を開発してゼラチンの繊維化に成功し、新規な架橋方法により不溶化を進めていく。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る