研課題
J-GLOBAL ID:202104020717151351  研究課題コード:13412583

透明酸化物プラズモニックナノマテリアルによる選択的な近赤外光遮断技術の開発

実施期間:2013 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院工学系研究科(工学部) )
研究概要:
本研究は、酸化物半導体工学とナノ光工学の異分野融合を基盤とした新しい熱線遮断防止膜を開発した。In2O3:Sn(ITO)ナノ粒子の局在表面プラズモン共鳴は電子密度に強く依存し、1021 cm-3の高い電子密度を有するITOナノ粒子は強いプラズモン共鳴を近赤外域において示す。ITOナノ粒子を3次元的に積層制御した粒子膜は、50-60%程度の高い選択的反射特性を示した。この反射特性は、ナノ粒子間の局所制限空間で生じる強い電場増強(近接場効果)が関与し、それは3次元電磁界計算(3D-FDTD)によって明らかにされた。現在のITOナノ粒子膜の光反射性能は、波長2μmを中心とした近赤外域で観測される。故に、今後の実用化を見据えた展開として、波長1.2mmを中心とした選択的な熱遮断技術の構築を実施する。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る