研課題
J-GLOBAL ID:202104020718204254  研究課題コード:07051300

高次高調波のコヒーレンスを利用した分子動画観測

体系的課題番号:JPMJPR07C1
実施期間:2007 - 2010
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , ERATO腰原非平均ダイナミクスプロジェクト, ERATO研究員/グループリーダー )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR07C1
研究概要:
近年のレーザー技術の進歩により、実験室内で高次高調波と呼ばれる軟X線を発生できるようになっています。本研究では、高次高調波のもつ「コヒーレンス」という優れた光の性質に着目して、原子や分子が非常に高速に動いている様子を直接観察する手法を開拓します。具体的には、軟X線の散乱から散乱源のナノ構造を観測する手法と、高強度レーザー電場下での電子の干渉から分子内の電子構造を読み取る手法の開発を目指します。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 光の創成・操作と展開
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る