研課題
J-GLOBAL ID:202104021124980315  研究課題コード:11101277

食品増粘素材多糖キサンタンガムの美白作用

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 農学部, 教授 )
研究概要:
キサンタンガムは、細菌から生産される多糖で、少量の添加で低温でも高い粘性を発揮するのでドレッシングなどの食品や化粧品に粘度を付与する目的で多用されているが、増粘作用以外の機能は知られていない。本探索研究開発では、マウスB-16メラノーマ培養細胞を用いてキサンタンガムの新規の機能性としてメラニン合成抑制作用を明らかにでき、キサンタンガムの美白化粧品素材として新たな展開が開けた。したがって、目標はほぼ達成されたが、その作用機序を関しては、チロシナーゼの酵素活性やチロシナーゼとその転写因子の転写レベルでの抑制ではなく、細胞内でのチロシナーゼタンパク質が量的に抑制されていた。今後、さらに詳細に作用機序を追求する必要性が残された。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る