研課題
J-GLOBAL ID:202104021268767012  研究課題コード:08068586

生分解性プラスチック接触材を利用したアマモ場造成技術開発

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( )
研究概要:
波浪や潮流など水理的な制限要因によって減少しているアマモ場について、生分解性プラスチックの網状骨格体を有する接触材を海底に設置し、生育地盤の安定性を高め、アマモの地下部の生育と分枝伸張を助長させることによってアマモ場を保全・造成する技術を開発するものである。また、接触材の形状や大きさを試験して、既存藻場の保全手法や新たなアマモ場の造成手法としての実用性を試験するものである。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る