研課題
J-GLOBAL ID:202204003211781425  研究課題コード:14538583

がん細胞追跡用ウイルス様粒子の作製~ドラッグデリバリーへの応用を目指して~

実施期間:2014 - 2015
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , グリーン科学技術研究所, 教授 )
研究概要:
本研究では、Rous sarcoma virus (RSV)由来のgagタンパク質と結腸がん細胞表面に存在するTAG-72に対する一本鎖抗体をカイコ幼虫で共発現させることで、結腸がん細胞に特異的に結合できるRSVウイルス様粒子(VLP)の作製に成功した。さらに、本VLPに抗ガン剤であるドキソルビシンを包含させ、結腸がん細胞に加えた結果、結腸がん細胞を特異的に死滅させることができることを明らかにした。以上より、本研究で作製したVLPはがん細胞特異的に薬剤を運ぶことで、薬剤投与量や副作用の軽減が期待できるドラッグデリバリーシステム(DDS)に応用可能であることが確認された。今後は、実用化を目指し、安価且つ大量に本VLPを得るための効率的精製方法の確立を進める予定である。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る