研課題
J-GLOBAL ID:202204006320534399  研究課題コード:14539827

3Dプリンタを応用した暫間被覆冠の製作システムの構築

実施期間:2014 - 2015
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 医歯(薬)学総合研究科, 講師 )
研究概要:
本研究の目標は、3D-CADで設計したプログラムをもとに、口腔内で利用可能な新素材を利用して、3Dプリンタで製作するシステムの構築である。実験に使用したソフトウェアは、DWOS7シリーズ(データデザイン社製)のマウスピースデザインソフトである。プリンタ素材として、アクリル系熱可塑性エラストマー(クラリティー、クラレ社)を選択し、フィラメント状(直径1.7ミリ)に成型して使用した。溶融堆積型3Dプリンタ(Value 3D Magic, MF-1000、ムトーエンジニアリング社)を用い、造形に必要な設定条件を検討した。その結果、新素材を用いて3Dプリンタによる口腔内マウスピースを作製するシステムを構築できた。今後は従来材料との諸物性の比較や口腔内外での用途の拡大について検討する。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る