研課題
J-GLOBAL ID:202204011163026779  研究課題コード:14541954

化学合成糖鎖のガン診断への応用

実施期間:2014 - 2015
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院理工学府, 教授 )
研究概要:
ガン化に伴い特異的に構造が変化する糖鎖を化学合成,得られた合成糖鎖を利用してガン特異的糖鎖認識タンパク質を検出・取得するためのプローブとすることを目的にLacdiNAc構造を有する3糖および,その硫酸化体を合成した。またLacdiNAc糖鎖の部分構造および複合型糖鎖も合わせて合成した(計7種類)。得られた3糖誘導体の還元末端部分のアミノプロピル基を介して糖鎖抗体を作製するためのLacdiNAc結合タンパク質(抗原)を計2種類調製した。一方,LacdiNAc認識タンパク質を選別するためにLacdiNAc糖鎖および関連糖鎖結合プレートの作製とLacdiNAc糖鎖をビーズに導入したアフィニティー担体を作製した。そしてLacdiNAc糖鎖結合アフィニティーカラムを用いることにより乳癌細胞からガン関連LacdiNAc認識タンパク質を同定した。本研究で得られた抗原を用いた抗体作製,また今回同定したタンパク質も利用して, LacdiNAc糖鎖検出に基づくガン診断研究へと展開する。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る