研課題
J-GLOBAL ID:202204011562066989  研究課題コード:14539982

放射性有機廃液がゼロとなる新型トリチウム測定器の試作開発

実施期間:2014 - 2015
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院人間文化創成科学研究科, 講師 )
研究概要:
申請当初の予定通り、手持ちの光検出試作器の改造を行い、プラスチックシンチレータペレットを用いたトリチウム水の測定を可能とする検出器を作成した。予定とは異なり、容器の材質として用いることができたものは石英とアクリルであった。蓋部分の溝切が不可能とされた石英容器も、張り合わせにより作成するアクリル容器も、気化したトリチウム水のリークを抑えることができなかった。また、容器の構造も不適切だったのか、従来の円柱形バイアルほどの計数効率を得ることができなかった。これらは試作してみて得られた貴重なデータであり、今後は、テフロン製でのノーリークな容器の作成を試みるとともに、容器形状を円柱形として測定可能な試作器の作成を検討する。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る