研課題
J-GLOBAL ID:202204014415205310  研究課題コード:14539231

水溶液原料を用いたレアメタルフリー化合物薄膜のスプレー製膜

実施期間:2014 - 2015
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 太陽エネルギー化学研究センター, 准教授 )
研究概要:
加熱基板に薄膜の原料を含む溶液を「吹き付ける」だけの簡単なプロセスであるスプレー製膜法を用い、レアメタルフリー太陽電池であるCu2ZnSnS4太陽電池の作製技術の開発を行った。基板加熱温度、アニーリング条件、溶液組成の制御など製膜条件の最適化により、太陽電池に適当な不定比組成となるCu2ZnSnS4薄膜が得られ、太陽光変換効率を1.6ポイント向上させることに成功した。また、硫黄サイトのセレン置換によるナロウギャップ化やスズサイトのゲルマニウム置換によるワイドギャップ化にも成功した。これらを組み合わせてバンドギャップ傾斜構造を作製することが、変換効率のさらなる向上のための今後の課題である。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る