研課題
J-GLOBAL ID:202204015022798072  研究課題コード:14541574

紫外線を用いた格子投影法による大型構造物の3次元形状計測

実施期間:2014 - 2015
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 理工学部, 准教授 )
研究概要:
本研究は,構造物表面に紫外線 を反射あるい吸収す塗料使って描た格子パターンを,カメラを使って撮影し,その格子位相解析によって構造物の形状を高精度計測するための原理を検証する研究である.研究開発期間内の最大の目標は,紫外線カメラで十分なダイナミックレンジを有する格子画像が取得できるかであったが,市販の産業用紫外線カメラ(150万画素)を使ってこの目標が達成された.十分なダイナミックレンジを有する格子画像が撮影できば,大型構造物の3次元形状計測そのものの手法は,可視光領域の通常のデジタルカメラと全く同じであるので、可視光領域のカメラを使って,構造物に描いた格子パターンから変位分布とひずみを求める手法ならびに撮影領域を結合させて計測精度を維持したまま計測空間を拡張する手法の検証を実施した.
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る