研課題
J-GLOBAL ID:202204016807121079  研究課題コード:14539442

ESRイメージング法による皮膚角層の画像化の開発

実施期間:2014 - 2015
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 保健学研究科, 教授 )
研究概要:
通常の電子スピン共鳴(ESR/EPR)の測定法は、試料を検出器に挿入する。この測定とは全く異なるサンプルを載せる検出方法を考案した。この新規皮膚用表面検出器で、人の指や腕の一部を非侵襲に測定することを可能にした。はじめに、安定ラジカル剤としてTEMPOLの水溶液を用い、これを塗布した人の指や爪の測定を皮膚用表面検出器で実験した。これは、これまでの測定法とは全く異なる革新的測定法であり、はじめて人の指や爪を非侵襲に測定できた。この実験成果は、2015年国際的学術誌に発表した。 また、2次元(2D)ESRイメージング装置の開発として、既存のESR装置をイメージング装置に改良し、イメージング用特注プログラム(市販品)での制御を試みた。その結果、データ取り込みとイメージングのための磁場勾配を自動でかけることを可能にした。今後、表面検出器に改良を加え、感度を向上させ広く皮膚科学の研究で用いられることを目指す。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る