{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902216080910520   整理番号:08A1232811

アジマススラスタ首振角に制約を課す場合の動的最適推力配分に関して

著者 (4件):
資料名:
号: 7W  ページ: 37-40  発行年: 2008年11月
JST資料番号: L6090A  ISSN: 1880-6538  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
アジマススラスタを装備した浮体の推力配分問題について考察した。浮体の運動としてはsurge,sway,yawのみを考えた。浮体が望ましい運動を行うためには,ある時刻においてsurge,sway方向の力およびyaw方向のモーメントが必要である。これらの制御力は各アジマススラスタの推力の合成和として得られることから,実際には各アジマススラスタへの推力配分問題を解く必要がある。この問題の解は一意には定まらず,ある制御力をもたらす様々な推力配分の仕方がある。本稿では,アジマススラスタ首振角に制約を課す場合の静的推力配分法を,閉ループ系シミュレーションを通して評価し,頻繁な首振りが生じる場合があることを確認した。これを回避するためには,動的推力配分問題の定式化が必要であるが,同時に制御力を発生するDPSの設計問題についても考察する必要がある。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
船舶性能  ,  海洋施設 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る