{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902227656726250   整理番号:08A0582485

日本からアジア諸国への環境技術移転

著者 (2件):
資料名:
号: 38  ページ: 39-59  発行年: 2008年03月30日
JST資料番号: L6667A  ISSN: 0389-2018  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
アジア諸国の環境問題を概観し,日本による環境関連の政府開発援助,特に円借款を整理し,環境技術移転の可能性と環境協力の担い手の多様化を提案した。開発と貧困が共存するアジア諸国では多数の汚染源に安価な中間技術の環境技術を供与する方が,先端的技術よりも効果的である。日本とアジア諸国の双方において環境保全の担い手を多様化し,受入基盤を拡充すること,草の根レベルでも受容可能な環境技術を,資金移転を含めて普及・移転することが重要である。再生可能エネルギーとして,固形バイオマスの利用に関して,その持続可能性を維持しつつ,エネルギー効率を高めるような環境技術の移転を検討すべきである。たとえば植林の推進,燃焼効率の高い調理器具などの提供などである。両サイドにおいて,地域コミュニティ住民も環境保全の担い手であることを認識して,環境分野の中間技術を開発して無償で移転することが最も効果的な環境協力である。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
環境問題 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る