{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902232888889035   整理番号:09A0792066

輸送情報技術 改札通過データを用いた旅客流動のリアルタイム推定手法

An Approach for Real-time Estimation of Railway Traveler Flow
著者 (5件):
資料名:
巻: 23  号:ページ: 11-16  発行年: 2009年08月01日
JST資料番号: X0700A  ISSN: 0914-2290  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
鉄道の運行管理や旅客案内において,旅客流動(ここでは時間帯ごとの旅客の出発駅から目的駅までの流量)を正確かつリアルタイムに把握することにより,旅客のニーズに合致した輸送力の提供や,状況に合ったより正確な旅客案内が期待できる。この報告は,大部市圏の旅客流動を推定するための手段として,日々の鉄道利用実績および現時点までの利用経過をもとに駅利用人数および2駅間のOD(Origin-Destination:発着駅の組合せ)利用人数をリアルタイムに予測可能な手法を考案し,実際の改札データを用いて特性を検証した。2007年11月6日(火曜)のT駅の入場人数と,P駅中央口の出場人数を用いて,モデルからT駅→P駅中央口の時間帯別OD利用人数を推定したところ,実績値と推定値の相関係数は0.93であった。朝のピーク後と夕方のピーク後に若干乖離があるものの,高い精度でODを推定できていることが分かる。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
鉄道輸送・サービス一般 
引用文献 (10件):

前のページに戻る