{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:200902248835586948   整理番号:09A0542715

金属カルシウムを用いた有害ハロゲン化化合物類の脱ハロゲン化反応(16)金属カルシウム触媒法による置換クロロベンゼン類の脱クロロ化反応に関する反応機構の検討

Dehalogenation of Halogenated Compounds Using Metallic Calcium (16). Mechanistical Study of the Dechlorination Process of Substituted Chlorobenzenes Using a Metallic Calcium Catalyst Method
著者 (5件):
資料名:
巻: 89th  号:ページ: 1600  発行年: 2009年03月13日
JST資料番号: S0493A  ISSN: 0285-7626  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
金属カルシウムとロジウムカーボン触媒存在下,アルコール溶液中で置換クロロベンゼン誘導体を撹拌処理すると,対応する脱クロロ化物に加えて芳香環が還元した脂肪族炭化水素類を生成した。本研究では,本反応機構について報告する。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
芳香族単環ハロゲン化合物 

前のページに戻る