{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902249084166014   整理番号:09A0175033

「知の集積と共有」の変革期に′′じんもんこん′′がなし得ること

Possibility of “SIG Computers and the Humanities” in Change period of “common and accumulate knowledge”
著者 (2件):
資料名:
巻: 2009  号: 4(CH-81)  ページ: 47-54  発行年: 2009年01月16日
JST資料番号: Z0031B  ISSN: 0919-6072  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
小特集「知の集積と共有」の変革期に′′じんもんこん′′がなし得ること」を企画した。本小特集では,今までに「人文科学とコンピュータ研究会」が築いてきた研究の蓄積の再確認と,研究環境の変化などについての検討を行うことを目的とする。「人文科学とコンピュータ」と呼ばれる研究領域が明確なものとなって,20年経過した。その間に,インターネットの普及,爆発的なコンピュータ技術の進歩とともに,この研究会は歩いてきた。同時に,人文科学の研究状況も,社会の変容とともに大きく変遷しつつある。そこで,研究会を「歴史」として振り返ることになり,人文科学の変容を身に激しく受けながら進まざるを得ない世代の研究者として,いくつかの議論提起を試みてみたい。世代を超えた議論の先に,新たな地平を見出すことを期待する。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
その他の情報処理  ,  科学技術政策・制度・組織 
引用文献 (2件):
  • REHM, G. Aspects of Sustainability in Digital Humanities. Digital Humanities 2008, June. 2008, 21-29
  • RENEAR, Allen H. Text Encoding. A Companion to Digital Humanities. 2004, 218-239
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る