{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902271120265267   整理番号:08A1113190

ライザー管の動特性を考慮したリエントリ制御の開発

Reentry Control Algorithm in Consideration of a Riser Dynamics
著者 (6件):
資料名:
号: 195  ページ: 1-7  発行年: 2008年10月31日
JST資料番号: G0812A  ISSN: 0026-6825  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
近年,海底掘削の大水深化に伴い,掘削管の周りにライザー管を設けたライザー掘削(図1)が増加している。掘削中において,荒天等によりライザー管下端を切り離した場合,掘削を再開するためには再び海底の噴出防止装置(BOP)に接続する必要がある(リエントリ作業。図2)。しかし,長大なライザー管は弾性管となるため,リエントリ作業は困難を伴い,長時間を要する場合がある。三井造船は,九州大学と共同で,ライザー管の動特性を考慮した自動制御アルゴリズムを開発し,水槽試験によって短時間で整定できることを確認した。本制御方式は,自動船位保持装置(DPS)への指令を生成するため,既存DPSの全機能を保持したまま,追加装備できる特長を有している。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
配管材料,弁 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る