{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902271215303107   整理番号:09A0374578

カラマツ林の下木として萌芽更新したミズナラの成長

著者 (2件):
資料名:
号: 57  ページ: 37-38  発行年: 2009年03月
JST資料番号: L2363A  ISSN: 1342-971X  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1986年にカラマツ単層林で間伐と林内整理伐を行ったところ,林床のミズナラが萌芽更新した。萌芽更新から9年後の1995年にミズナラの除伐区と放置区を設定した。設定2年後にあたる1997年の調査では,除伐によるミズナラの肥大成長が確認されていた。試験区設定13年後にあたる2008年に再調査を行ったところ,上木のカラマツは一部が自然枯死した影響で収量比数は大きく上昇してはいなかった。一方,下木のミズナラは平均樹高5~7m,平均胸高直径で5cm前後と前回調査時の結果よりも成長していたが,除伐区と放置区の間に差は見られず,ミズナラ下木間の競争によって両区ともに自然枯死が発生した。またミズナラの樹冠が閉鎖したことで,下層植生の被度が大きく低下していた。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
森林の天然更新 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る