{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902284086051303   整理番号:08A0644459

花崗岩地帯の崩壊地における自然植生回復

著者 (4件):
資料名:
巻: 47th  ページ: 107-115  発行年: 2008年03月05日
JST資料番号: S0470B  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
長野県下伊那地域は,フォッサマグナ及び中央構造線以西の西南日本帯に位置する花崗岩類の分布地域であり,県内でも有数な山腹崩壊地域で,特に下伊那群阿智村伍和地区にある面積552haの伍和県有林は,崩壊面積率の大きい地区である。本研究は,当該地区を対象として,植生が侵入定着した崩落地の形態特性等及び,奥地保安林整備の効果について調査分析し,崩落地の早期緑化方法について検討した。その結果,1)崩壊地形状・条件により植生相・自然復旧に違いが有る,2)斜面安定度により自然復旧度に違いが有る,3)崩壊地をシート状からリル・ガリー状への発達防止が重要である,等のことが分かった。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
一般,砂防工学  ,  森林保育  ,  土工計画,土工事 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る