{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902293400816475   整理番号:08A0590077

ペーストの表面電荷密度に及ぼす電解液の影響

INFLUENCE OF ELECTROLYTES ON SURFACE CHARGE DENSITY OF PASTES
著者 (4件):
資料名:
号: 61  ページ: 108-114  発行年: 2008年02月20日
JST資料番号: F0276A  ISSN: 0916-3182  CODEN: SKROER  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
セメントペーストの表面電荷密度と電解液の相互作用について検討した。本論ではゼータ電位試験を行って,ペーストの表面電荷密度に及ぼす電解質溶液中の化学物質種類の影響を検討した。さらに,異なる電解質溶液中におけるセメントや結合材や水和生成物の静電気挙動を検討した。イオンの吸着等温線は塩化物溶液で行った。その結果,カチオンとアニオンの吸着能力はペーストの表面電荷密度を支配することが分かった。フライアッシュやスラグは溶液中でも高い負のゼータポテンシャルを示した。検討の結果,カルシウムは水和したペースト表面の吸着する能力が非常に高く,表面電荷の反転を導く。一方,ナトリウムは水和したペースト表面に対して中性イオンとして作用する。さらに,硫酸イオンや塩化物アニオンは特に表面電荷密度の交換に影響を及ぼした。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
モルタル,コンクリート  ,  セメントの性質・分析 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る