{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002208778330639   整理番号:10A0730246

GPUを用いた直接相互相関PIVの高速化

GPU Acceleration of Direct Cross-correlation PIV
著者 (4件):
資料名:
巻: 30  号: Suppl.1  ページ: 83-84  発行年: 2010年07月01日
JST資料番号: S0973B  ISSN: 0916-4731  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
GPUによる並列計算を用いて代表的PIVアルゴリズムの1つである検査領域の変形を考慮に入れた再帰的直接相互相関PIVの高速化を試みた。本PIVアルゴリズム自体の特性とGPUのメモリ構造及び特性を活用することでCPUによるシングルプロセッシングと比較して大幅な高速化が実現され,また画像サイズによってはリアルタイム処理にも耐えうるような速度でPIV処理が可能となることを示した。従って検査領域の変形を考慮に入れたアルゴリズムはGPU並列計算の有利性を有効に活用できることを確認した。GPUによる計算ではCUDAに実装されたテクスチャ補間機能を活用することで検査領域の変形が計算時間に与える影響を大幅に小さくできることを示した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
流体の実験・試験・測定方法及び装置  ,  専用演算制御装置 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る