{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002220242544172   整理番号:10A0229431

リチウム二次電池 リチウム二次電池活物質マイクロ粒子の電気化学特性

著者 (1件):
資料名:
巻: 45  号:ページ: 172-175  発行年: 2010年03月01日
JST資料番号: S0291A  ISSN: 0009-031X  CODEN: SERAA7  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
リチウム二次電池の正極・負極は多孔構造であり,電極の厚みや空隙率により充放電特性は大きな影響を受ける。多孔性電極の電気化学特性の解析は重要であるが,活物質/電解質界面での反応過程や速度論的な解析は困難である。マイクロ電極法を用いることにより電極活性物質単粒子を対称にした電気化学測定法を開発した。本稿では,マイクロ電極法を用いた電極反応の速度論的解析,充放電中の活性物質粒子の破壊現象の観察,活性物質粒子の電極反応過程解析について解説した。1)リチウム二次電池活性物質マイクロ粒子における電極反応の速度論的解析:電気化学測定セルの概要,メソカーボンマイクロビーズ(MCMB)の構造,Liの挿入・脱離,放電容量,律速段階,界面電荷移動過程,2)充放電反応による電池活性物質粒子の破壊のその場観察,3)電池活性物質粒子のその場ラマン分光測定。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
二次電池 
引用文献 (17件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る