{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002227287633944   整理番号:10A0348965

2006年長野県岡谷市で発生した豪雨災害の発生機構について-地質構造的考察-

著者 (6件):
資料名:
号: 58  ページ: 187-188  発行年: 2010年03月19日
JST資料番号: L2363A  ISSN: 1342-971X  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
長野県中部で発生した2006年7月豪雨災害は,岡谷市を中心に土石流を多発し,多大な被害をもたらした。この災害の特徴として,1)降雨は長雨型で,記録的な降水量であった。2)土石流発生河川の集水面積は小さく,災害発生時の水収支に不整合があった。3)土石流発生源の崩壊は,谷頭部に集中し定高性があった。等があげられる。これらを説明することを目的とし,GISを用いて現地の地質構造を解析したところ,基盤岩である塩嶺累層の地質境界付近で崩壊が発生しており,災害発生機構に地質構造が影響していたことが示唆された。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
自然災害  ,  一般,砂防工学 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る